ルモンド杯

アジ:L杯・おもてなし杯

2017.05.03 Wed ルモンド杯 寒川

お天気に恵まれ
恒例ゴールデンウィーク中のルモンド杯
今回も、家族総出で無事参加できた!

もうコースを走るのはやめさせようかと思った小夏さん
もうすぐ14歳
あまりに本人、もとい本犬がやる気まんまんなので
もう無理というところまでは楽しんでみよ〜と
体調見ながら参加

◆ パパと小夏 ◆  OP

6月で14歳、心臓のお薬も飲んで咳も出るけど
カイのアジ練のお供時は張り切ってフィールドに入り
帰るときは、やだっ、とおっしゃるヤル気ぶり(笑)
足が引っかかってはいけないのでバーは地面置き
本人は跳んでるつもり? とっても楽しそう
いけるところまで、いってみよう!

 

◆ ママとセナ ◆  OP・JP1

前の病院で、2度も心臓病疑惑
でも精密検査のため麻布大付属に2度行って
10万近く払ったけど問題なし
昨年はおしりの腫瘍をとった後
死ぬ死ぬ詐欺までしたくせに
いまでは、我が家で一番元気で早起きなジジィ

OP、ママの久々の同時スタート
エアにも反応しCR

JP1、セナは快調だったのに
ママがセナとの距離感を誤り失格
ぴったりくっついてないといけないのに
カイとの癖か、うっかり距離をとっちゃったわ(泣)

すまないジジィ
耳が聞こえないので後ろから呼んでも聞こえず(汗)
間違ったまま、一生懸命、一人突っ走ってたわ(笑)
その後ろ姿のかわいいこと(笑)

 

◆ パパとルカ ◆  AG2・AG3・JP3

あと数日で11歳の、これまたジジィ(笑)
心臓病の薬も始まってしまったが
まだ、咳などの症状はなく元気
走りの詳細はパパのフェイスブックにて
唯一のCR賞の稼ぎ手だったのに
今回は、だめでしたわ(笑)

 

◆ ママとカイ ◆  AG2・AG3・JP2・JP3

もうすぐ7歳
なのに、まだ、課題は「スタートの待て」
泣ける(泣)

先生から
「いつまでたっても、いけないことが伝わってない」と指摘
自分ではガツンと叱ってるつもりなのだが
手を離したとたんに「えへへのへ〜」と跳ね回る(だめだ)

AG2のその様子を見て、AG3では、ついに先生さま
「ぼくが叱ります!」 と(汗) 動画では割愛
さすがのカイ君も初めてのことにびっくりしたのか
以降、ちゃんと待ちました(苦笑)
これがいつまで効くんだろうか・・・

AG2:シーソー許可なく出、バー落下1

AG3:ウォークでエアした時、また勝手に出てた
   エアでよく見えてなくて、そのまま続けたら
   後ろから「こらっ」と叱られ、ママびっくり(笑)
   間抜きのタッチ、みごと、失敗(号泣)

JP2:タッチ障害がないとハンドラーも少し気が楽
  それがよかったのか、本日、初CR

JP3:悩みまくり、CR率、たぶんZERO(笑)
 バー落下1だけど、ミディアム生還者一人だったので入賞!

まったく、賞品とは縁のなかったカイ君だけど
最近は賞品がもらえることも♪
CR賞の確率は、まだ、限りなく低い(汗)

心配された小夏さんも、無事、今回も参加でき
次から次に美味しいものを頂き満腹のルモンド杯
タープはニケライ家にお世話になりました(多謝)
先生をはじめ、お世話になった皆さん
本当にありがとうございました!